結婚を目的に活動

親族記念撮影

婚活という言葉の意味について

近年、就活や朝活や妊活といった言葉が一般的に用いられるようになってきています。活という文字は活動の省略形で、積極的に努力する行動を表しており、現在では結婚したい男女の結婚に至るまでのいろいろな活動に対しても、婚活という言葉として使われています。 婚活とは、結婚という目的のために努力していく様の呼称で、独身の男女がお見合いをしたり、独身者限定の合コンパーティなどに参加して積極的に出会いを求めて行動したり、もしくは婚約後に結婚式関連の様々な事柄を決定していくような行動を指しています。 もっと広義には、結婚できるように魅力的な人間性を身に付けたり、自分を内面外面共に磨いていくという行動も指しているので、多様な意味で使われているのが現状です。

その活動の具体的な内容とは

かつて多用されたお見合いという言葉が持っている、消極的で且つ時代に合わなくなってきた側面を、婚活という新しい言葉が明るいイメージと共に意味も一新して広範囲にカバーしています。 具体的にどのような活動のことを示すかと言うと、友人の紹介による合コンに積極的に参加したり、独身男女の出会いイベントに参加したり、もしくは結婚相談所に登録して理想的なパートナーとの出会いを求めるという意味で使われることが多いです。 そして女性なら美しく魅力的な外面になるために、ダイエットをしたりエステに通ったりして努力することも、この婚活という言葉の使用方法の範疇だと言えます。男性なら経済力やコミュニケーション能力を身に付ける事がそれに当たります。